ママ&キッズ ナチュラルマーククリームの成分を徹底調査

【ママ&キッズ ナチュラルマーククリームの成分を徹底調査】

 

妊娠線を予防するためのケアグッズとして、様々なオイルやクリーム、ローションなどが販売されています。その中の一つに、ママ&キッズ ナチュラルマーククリームというものがあります。雑誌などでも紹介されていますので、ご存知の方や今実際に使用しているという方も多いのではないでしょうか。

 

このママ&キッズのナチュラルマーククリームの成分には、どのようなものが含まれているのか、気にかけてみたことはありますか?ここでは、ママ&キッズ ナチュラルマーククリームの成分について、見ていきたいと思います。

 

■ママ&キッズ ナチュラルマーククリームって?

 

まずは、ナチュラルクリームについて少しご紹介しておきます。

 

ママ&キッズのナチュラルマーククリームは、「ナチュラル」と名称にも入っているように、以下のような”無添加”が特徴でもある商品となっています。

 

・無香料
・無着色
・弱酸性
・低刺激
・パラベン無添加
・アルコール無添加
・鉱物油無添加
・石油系界面活性剤無添加

 

無香料という事で、つわりの際でも香りが気になることがありませんし、弱酸性で低刺激ですので、敏感な肌になっている妊婦さんにとって、安心して使用できる商品となっています。石油系界面活性剤フリーとなっていますので、よく噂になっている界面活性剤による肌への悪影響などを気にする必要もありません。

 

また、赤ちゃんにも使用できるという事で、出産後に妊娠線の予防ケアで余った分を、赤ちゃんのケアに使用しているという方もおられます。このナチュラルマーククリーム、赤ちゃんにも使用出来るとはいえ、一体どのような成分が入っているのかという事は、とても重要になってきます。

 

そこで、ママ&キッズ ナチュラルマーククリームの成分について見ていきましょう。

 

■ママ&キッズ ナチュラルマーククリームの成分とは?

 

ナチュラルマーククリームは、以下のような成分が配合されています。

 

水、グリセリン、BG、スクワラン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ベヘニルアルコール、オリーブ油、ペンチレングリコール、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、メドウフォーム油、ステアリン酸、キシリトール、ナイアシンアミド、グリコシルトレハロース、アルガニアスピノサ核油、トウキンセンカ花エキス、水添レシチン、ダイズステロール、ツボクサエキス、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、サクシニルアテロコラーゲン、ポリグルタミン酸、セラミド2、セラミド3、ベタイン、
ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン、PCA−Na、トコフェロール、糖蜜エキス、環状オリゴ糖、黒砂糖エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、グリチルリチン酸2K、リゾレシチン、加水分解水添デンプン、トウモロコシグリコーゲン、イノンドエキス、キサンタンガム、ステアリン酸ポリグリセリル−10、ジメチコン、キハダ樹皮エキス、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、ノバラエキス

 

今回は、徹底調査!ということで、全成分を記載してみました。
このような成分が配合されています。

 

妊娠線を予防していくために重要となることは、”保湿”です。

 

・肌アレ対策に古くから用いられてきたツボクサエキス
・乾燥や肌アレから守る、カレンデュラオイル
・天然ビタミンEを豊富に含んだアルガンオイル
・ヒアルロン酸の2倍の保水力であるスーパーヒアルロン酸
・内部まで浸透、表面をうるおす、2種類のタイプのコラーゲン
・肌のうるおいが逃げる事を防ぎ、外部刺激から守るダブルセラミド

 

このようなこだわりの成分が配合されていますので、高い保湿力を維持することが可能となっているのです。
この事から、乾燥やくすみ対策としても使用できると言えます。

 

では、上記のような成分は赤ちゃんにとって問題はないのかというと、特に問題のある成分は含まれていなさそうです。ただ、中には身体に合わない赤ちゃんも居ますので、様子を見ながら少しずつ慣らしてあげてくださいね。

 

 

ベルタというブランドで葉酸サプリなど妊婦さん専門に色々な商品を開発している会社です。